スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーザビリティ高!

2006年03月20日 20:25

 『ネオアンジェリーク』(PS2)。『ヴァルキリープロファイル-レナス-』(PSP)を買いに行ったはずなのになぜか一緒の袋に入ってました。(ついでに『幻想水滸伝I&II』も入ってた……。)『エトワール』をまともにクリアできなかったので、もう『アンジェ』シリーズから手を引こうと思ってたのにね。
 でも『ネオ』になっただけありました。面白かったです。個人的にハマったキャラはいないんだけど。
 そして、話の内容より、システム快適過ぎてビックリしまくり。今後の乙女ゲーの基準になってくれることを願って止まないほどユーザビリティ高いです。
 セーブ数が30カ所以上ある上に、電源落としても消えないクイックセーブ、上書き禁止指定、オートセーブポイント用など、セーブデータの種類が豊富で便利。しかも、どの種類にするか自分で指定できるのも嬉しい。数も種類も多いので新着データには番号振ってくれるし。
 そして、既読スキップは目玉飛び出るくらい高速。だって、既読のテキストならスキップボタン押した瞬間に「イベント」「スチル」とかって表示が出て、一気に未読テキストまでワープですよ。便利すぎ。あんまりがんがん飛ばしまくってると、何やってた場面だか忘れる危険性もあるんですけどね。でも繰り返しプレイするなら絶対あって欲しい飛ばしっぷりです。
 あ、最初にハマったキャラはいないと書いたけど、みんな平等に好きって感じ。スチルコンプしたしね。世界の危機ってくらいの物語背景なのに、なんだかのんびりした雰囲気も好きなんだなあ。登場人物もみんなのんびりしてる? 特にジェイドとか。ヒュウガとかはのんびりって感じじゃないはずなのに。「陽だまり邸」で住んでる人たち丸ごとでのんびりなイメージになってるのかも。夕食会イベントもなんかのほほ~んとしてるよね。
 今までの『アンジェリーク』シリーズからキャラも世界設定も一新した『ネオアンジェリーク』。かなり良い感じに一新されてて次作が楽しみですよ。でも変にキャラの続投増員を繰り返すのはやめてくださいませ。
スポンサーサイト

とりあえず1周

2006年03月11日 00:50

 『幻想水滸伝V』(PS2)、108星集めない状態でクリアしてみました。
 仕事の合間にやっていたので放置時間が10時間近くあるとはいえ、クリアデータのの時間を見たら70時間を超えていました。
 えーと、大雑把な感想。幻水シリーズ大好きっこですから、『IV』も限定版持ってます。クリアした後、結構「無駄使いしたかも……」とか思っちゃいました。でも懲りずに『V』も限定版予約してしまいました。
 今、限定版買っててよかったと思ってます。
 そんな評価です。え? わかりにくい? とりあえず、買って損はなかったかな、と。
 
 ストーリーが『II』以来に面白かったです。シナリオというかキャラクターかな?
 主人公の王子のキャライラストを見たときは「女の子!?」と思ったぐらい可愛い感じの顔で、正直趣味じゃねえええ、と思ってたんですが、ゲーム中のポリゴン顔がどえらく好みで! いや、顔が好きでキャラクターが良かったと言ってるんじゃないんです。
 序盤、王子とその家族のやりとりが色々挿入されるんですが、なんかこう、「ああ、良いなあ……」としみじみ思っちゃうんですよ。その感想はそのまま王子の印象に繋がって、プレイヤーキャラを好きになれる。また、その王子を彩る周りのキャラクターが好きになれる。それってかなり重要。そして、そんな好きなキャラクターがあんなことやこんなことになれば、ストーリーへの感情移入も強くなるってもんで。
 本当は正直な話、ストーリー自体は淡々と進んでる印象があるんですが(盛り上がるところじゃない? って時に仲間集めの旅に出発しちゃったりするし)、それでもクリアして面白かったと言えるお話でした。
 まあ、ぶっちゃけ、真の紋章の扱いがシリーズを追って段々どうなのよ? とか、あの人とかあの人とか何やりたかったのよ? と聞きたい人がいたりしなくはないのですが、とりあえずもう1周ゆっくりとやってみようかと思います。
 
 で、次はシステムの話。これはなあ、色々なあ……。
 まずとにかく「NOW LOWDING」画面が多い。これは『IV』の時から進化してないんじゃないでしょうか。戦闘終了ごとに入るのもなんですが、盛り上がっているイベントシーンに入るのはちょっと勘弁して欲しいよう。確かに選択肢でイベントが変わって来たりするので仕方ないかも知れませんが、やっぱり気分が削がれてしまう。良いシーンなのにもったいない……。
 それから気になったのはイベントの関係などでパーティの陣形が崩れてもそれを直す画面に行ってくれないのは困る。そのままバトルが始まって前衛が最後列になっててエー!? みたいなことが何度か。
 戦闘中も全部前のカーソルを記憶してあるのも面倒だなあと。基本は「戦う」がメインだけどたまに「紋章」を選ぶと次のキャラの指定でいちいち戻さないといけないのは面倒。
 あと、しょうもないことなんだけど、立ち上げたときのカーソルをコンティニューに合わせてくれませんかね? 何度もニューゲームやっちゃいましたよ。
 それから倉庫の数が制限されてたり、やたら広くなってるのに街中で瞬きの手鏡使えなかったり、マップが不便だったり、ソフトリセットやセーブに対するロードが無かったり……。
 
 何はともあれ、あのローディングの多さはもったいなさ過ぎる。他のシステム面は慣れでなんとかできるけど、ロードでいちいち流れが止まってしまうのはなあ。ストーリーよりも快適なプレイを望む人にはオススメできないと思います。
 ちなみに、マップは固定された3Dなんで、3D酔いしちゃうんだよ、という人も大丈夫だと思いますよ。
 
 最後にひと言。
 ゲオルグカッコイーーーーーーーーーーー!!
 
 時系列的なこともあって『I』と『II』がむらむらとやりたくなってきましたよ。PSP版買うかな……。なんだかんだと『幻水』らしい、と自分が思うのはその二作だけなんだよなあ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。